県民の皆様の健康で快適な生活を支える活動に取り組んでまいります。

ジェネリック医薬品〔後発医薬品〕

ジェネリック医薬品について


 「ジェネリック医薬品にすれば、医療費が安くなる」と一度は耳にされた方も多いことと思います。「ジェネリック医薬品」とは、いったいどのようなものでしょうか?そんな皆さんの疑問にお答えします。

ジェネリック医薬品 Q & A

ジェネリック医薬品とは?
 「後発医薬品」の通称です。新規に開発された医薬品は「先発医薬品」と特許がありますが、特許期間終了後に、他メーカーが同じ成分・同じ効き目として申請し、国が承認した薬です。
なぜジェネリック医薬品は安いのですか?
 新薬(先発医薬品)の承認申請には、数多くの試験が必要となるため、長い年月と高価な投資が必要となります。これに対して、ジェネリック医薬品では、有効性・安全性については既に先発医薬品で確認されているので、少ない試験で基準をクリアすれば製造承認されます。
 その結果、コスト・時間をほとんどかけずに安価で市場に供給できます。
薬局でジェネリック医薬品をお願いするには?
 基本的に医療機関がジェネリック医薬品への変更不可という指示がない場合は、ジェネリック医薬品への変更は可能です。
 ただし、薬によっては、ジェネリック医薬品がないものもあります。薬局で渡すお薬の説明文書に、ジェネリック医薬品の有無や価格なども記してあると思いますので、詳しくは薬局の窓口でご相談ください。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と効果は同じですか?
 ジェネリック医薬品の承認の際に生物学的同等性といって、体の中での吸収や分布などが先発医薬品と同等であるかを確認します。このため、基本的には先発医薬品と同等の効果が得られることが確認されています。
 ただし、有効成分は同じですが、その他の成分に添加剤など一部異なる場合があります。また、特許の関係で、ジェネリック医薬品を用いることのできない場合があります。ご不明な点は気軽に薬剤師へ相談してください。
なぜジェネリック医薬品への変更を勧められるのですか?
 ジェネリック医薬品の使用は、医療費の大幅な削減につながります。
 医療費は、自己負担分と私たちの保険料と税金で運営される健康保険から支払われています。ジェネリック医薬品を使用することで、健康保険組合や国の財政負担を削減でき、国民皆保険という日本独自の制度の維持に貢献できます。これにより必要な人が、必要な時に、必要な医療を安心して受けることができます。

machi_line2

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 滋賀県薬剤師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.