滋賀県薬剤師会では、腎機能数値を含む検査結果の積極的な収集と腎機能共有ツールの作成による医薬連携体制の構築を目的としたモデル事業を行うこととなりました。これは、日本薬剤師会の令和4年度モデル事業の一環として行います。12/18には、モデル事業参加に関する説明会と腎機能に関する研修会を行いました。ご都合によりご視聴いただけなかった先生方もいらっしゃいますので説明会の内容をアーカイブ配信いたします。当日ご参加いただけなかった先生方はもちろん昨日ご参加いただいた先生方も期間内は何度でもご視聴いただけます。多くの先生方にご視聴いただき、本事業にご参加いただきたく存じます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
👉■視聴はこちらから(R5.3.31まで配信) 👉■事業への参加申込はこちらから

(注意)Wi-fi環境がない場所で動画をご視聴になる場合は、ご自身の携帯・通信キャリア各社のご契約内容や、データ通信残量等をご確認いただきご視聴ください。

R5.1.13更新

12/18説明会・研修会資料、事業共有ツールについてeto_usagi_banzai

研修会資料↓↓↓ 共有ツールダウンロード↓↓↓

薬物投与量設定に使用する腎機能推算式はこちらからeto_usagi_banzai

日本人のGFR推算式 (eGFR),クレアチニンクリアランス推算式 (eCCr)